WordPressサイトにGoogle Analyticsを追加する方法を徹底解説

WordPressサイトにGoogle Analyticsを追加する方法を徹底解説

近年Webメディアと呼ばれるインターネットに特化した情報発信サイトは爆発的に増えました。

WordPressといえばもともとは個人でブログを頑張っている人が使っているイメージもありましたが、昨今では企業もWordpressを使ってのメディア運営に多数乗り出しており、その競争は実に激しいものになっております。

WordPressのメディアに限らず、Webを使ったマーケティングで非常に重要になってくるのが、「数値を見ての分析、検証、改善」いわゆるPDCAと呼ばれるような作業ですが、その大前提となるのが「数値」です。

Google Analyticsはその「数値」を得るためにまず使うべき一番最初のツールと言えます。

事業としてWordpressメディアを運営している方なら99.9%は導入しているであろうこのツール。

今回は、「Wordpressってなに?」や「Google Analyticsってなに?」という初歩的な部分から、その特性やできることの紹介、実際の実装方法、その後何をするか?まで網羅的にご紹介します。

是非最後までご覧ください。

WordPressとは?

この記事をお読みいただいている方の多くはWordpressが何なのかはご存知だと思いますが、おさらいを兼ねてここで説明しておきます。(ご存じの方は次の章まで飛ばしていただいて構いません。)

WordPressはCMS=Contents Management Systemと呼ばれるシステムの一種になります。

そもそもインターネット上にWebサイトを作るのには、少なくともHTMLとCSS,最近のWebサイトのように動いたり、ものを買ったり、コメントを付けたりできるようなサイトにはPHPやrubyなどのプログラミング言語を駆使して製作する必要があります。

最近では見られなくなりましたが、日本のインターネット黎明期に人気のあったサイトはWindowsに標準でついている「メモ帳」で作っていたサイトもあったほど。Webサイトの作成は本来「プログラミングっぽい」作業を避けては通れないものでした。

とはいえインターネットやWebサイトが一般化するに従って、その需要は大きく膨れ上がり、プログラミングができない人でも便利でオシャレなWebサイトを作ることができるサービスが出てきたわけです。

その筆頭格が「Wordpress」になります。

最近では、Wordpressよりももっと簡単に、ほとんどワープロ感覚でWebサイトが製作できるWixのようなサービスも人気ですが、事業としてのサイト製作にはWordpressは根強い人気を誇っています。

WordPressが人気の理由

それほど人気がある理由としては、

・プログラミング知識がなくても作れる(あったほうが便利)
・無料である
・ユーザーが非常に多い

と言ったことを上げることができます。

簡単に言うと、「タダでカッコいいサイトが作れて、使っている人が多いので情報もテンプレートも多い」という感じです。

ここ10年間でインターネットを見る環境は大きく変わりましたが、言うまでもなくその最大の要因はスマートフォン。そして、ついでタブレットです。

それまでのWebサイトはパソコンで見る場合だけを想定して作ればよかったのですが、現代では特にスマホで見る人からどう見えるのかが非常に重要になります。

そしてそのスマホの画面は縦長なのでパソコン向けのデザインとは根本的な部分から違ったデザインとなってしまいます。

この辺りをうまく調整するのが難しいのですが、Wordpressを導入し、豊富にあるテンプレートを使うことで、自動的にパソコン、スマホ、タブレットの画面に最適化することができるのもWordpressの大きな魅力の一つです。

Google Analyticsとは?

ではGoogle Analyticsとは何でしょうか。

Googleは言わずとしれたGAFAのGoogleですが、Analyticsというのは一般的に日本で知られている英単語ではないかもしれません。

Analyze=分析するという意味の単語の名詞系であるAnalyticsは、ズバリWebサイトの状況を分析するためのツールです。

このGoogle Analyticsは事実上の業界標準となっており、Webサイトを作ったらまず導入すべきと言っても過言ではないほど、ほぼすべての人が使っています。

PV、ユーザー数、直帰率、セッション継続時間、どの経路で入った来たか、アクティブなユーザーがどれくらいいるか、どの時間帯によく見られているか、どこの国から見られているか、見られているのはパソコンかスマホか、どのページがよく見られているのか。

と言ったWebサイトを運営していく上で必要不可欠かつ、大前提になる情報を得られるのがGoogle Analyticsです。

趣味のブログならともかく、Google AnalyticsなしでのWebサイト運営は魚群探知機なしで漁に出るようなものと言っても良いかもしれません。

 

Google AnalyticsをWordpressへ実装する方法

さて、では実際にGoogle AnalyticsをWordpressに入れていく方法をご紹介したいと思います。

実はこの方法にはいくつかあるのですが、ここでは一番確実で且つ、今後のためにも役に立つ方法として、「トラッキングコードを直接貼る」方法をご紹介したいと思います。

当然Googleのアカウントが必要になりますので、https://marketingplatform.google.com/
からアカウントを作成して、Google Analyticsの登録までしてしまいましょう。画面の指示に従うだけなので、躓くところはないはずです。

アカウントを設定して行くなかで、UAから始まる数字8桁のトラッキングIDというものが発行されます。

もし見逃して進んでしまった場合でも、Google Analyticsの設定画面から確認ができますのでご安心ください。

左下の設定ボタン→プロパティ設定から確認できます。

WordPressへの設置

このコードをWebサイトのヘッダーと呼ばれる最初の部分に貼り付けることでデータの計測が可能になります。

WordPressの管理画面にて、左側メニューの外観→テーマディター→(右側で)テーマヘッダーとクリックしていくと何やらプログラミングっぽい文字列が表示されます。

その中に、</head>という部分があります。(見つからなければ「Ctrl + F」で検索すればすぐ出てきます。必ずありますのでご安心を。)

この</head>のすぐ上に先程取得したUAから始まるコードを貼り付けて、画面西谷ある「更新ボタン」を押してあげればOKです。

この作業をしてあげると、Google Analyticsの画面上から、貴方が運営するWebサイトのデータが非常に細かく収集できるようになるわけです。

次のステップ

さて、ここまでWordpessにGoogle Analyticsを実装することができました。

実行した内容がGoogleの検索結果に反映されるのには3ヶ月かかると言われているWebマーケティング業界。

本当の結果がわかるまでにはそれなりに時間がかかるとは思いますが、Google Analyticsの画面に慣れるためにもできれば毎日画面を覗いてみてあげてください。

コンテンツを更新したときのユーザー数の上下や、どれくらいの時間滞在してくれているか、今現在何人の人がそのメディアを見ているかなど非常に多くを教えてくれるのがGoogle Analyticsです。

Google Analyticsは「使ったことで差別化できる」ものではなく、「当たり前に使っている」ツールになりますので、まず慣れるところが第一歩になります。

しばらく使っているとおそらくもっと知りたいことが出てくると思います。

自社のWebサイトにはどういった検索ワードではいってきているのか、どんな検索ワードならGoogle検索をした時に上位表示されているのか。

この辺りが第二歩に当たると言っても良いかもしれません。

そういった情報を得たい場合はGoogle Search ConsoleやRank Trackerを使っていくことになると思いますが、その説明は別の機会に譲ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。多少駆け足でしたが、Google AnalyticsのWordpressへの導入についてご紹介してきました。

本文中にもあったとおり、Google Analyticsの導入はWebマーケティングでは最初の一歩の部分になります。

多くの場合Google Analyticsを導入する段階では、Webサイトの構築のしかた自体に改善の余地が多くあるはずで、そこを改善するために他の様々なツールを使っていくことになるかと思います。

しかしながら、そのすべての行動の第一歩にあるのがGoogle Analyticsといえますので、是非本記事を参考に、貴社のメディアにもGoogle Analyticsを導入していただければ幸いです。

執筆者:AutoPilotAcademy編集部

執筆者:AutoPilotAcademy編集部

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー]は見込み顧客獲得と成約率向上のための最善の方法をお教えしています。
ネットを使って顧客との強固な関係を構築することができるようになり、小さな企業でも大きな成長を実現することができます。

監修者:小池英樹

監修者:小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(36歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    1
    Share
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •