コンテンツマーケティングを成功に導くためのポイント
【業界の権威になるコンテンツマーケティングの戦略】

コンテンツマーケティングで成功するためのポイントは、「明確な目標を設定して、目標のための施策を実行すること」です。

コンテンツマーケティングを成功に導くためのポイント

よろしいでしょうか。それでは、答えをお伝えします。
コンテンツマーケティングにおける戦略、それは、

明確な目標を設定して、目標達成のための施策を実行することです。

ビジネスでもスポーツでも明確な目標がなければ、努力のしようがありませんし、成長することも出来ません。
なので、コンテンツマーケティングにおいても、明確な目標を設定することが大切なのです。

目標といっても、コンテンツマーケティングにおける目標は、次の5つのポイントを兼ね備えなければなりません。

1.具体的であること

2.測定可能であること

3.達成できること

4.関連性が高いこと

5.期限が決められていること

以上です。

1の具体的であること、ですが、例えば、コンテンツには次の様な種類があります。

・ホワイトペーパー

・書籍

・動画

・ウェビナー

・ポッドキャスト

・インフォグラフィックスイ

・ケーススタディー

・無料トライアル

などです。

コンテンツの種類やその特徴や役割についてはまた本講座の後の動画で改めて解説しますが、

潜在顧客にはインフォグラフィックスで訴求し、

見込み顧客にはウェビナーで訴求し、

既存顧客には有料トライアルで訴求する、

のように、より具体的に目標を設定することがポイントです。

また、コンテンツだけではなく、誰が何をどういった理由でコンテンツを取得するのか、
などなど、目標をより細かく具体的に設定するのです。

2の測定可能であること、ですが、例えば、ネット集客には次の様な指標があります。

・ROI(投資対費用効果)

・LTV(顧客生涯価値)

・CPA(顧客獲得単価)

・CVR(コンバージョン率)

・セッション数

などなどです。

こちらも詳細は本講座の後の動画で詳しく解説しますが、
例えば、ROIは投資してどれだけのリターンを得られたかを表す指標です。

100万円投資して、200万円の売上が上がれば、ROIは売上200万円÷投資100万円×100=ROI200%として計算されますし、100万円投資して、300万円の売上が上がれば、ROIは売上300万円÷投資100万円×100=ROI300%として計算されます。

こういった測定可能な指標を元に目標を設定すれば、実行する施策もより具体的に落とし込めるものです。

また、数値での目標を設定することで、業務を改善していくことができます。
PDCAサイクルを回しやすくなるともいえます。

ちなみに、PDCAサイクルとはPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことで、業務をどんどん改善していく手法のことです。

3の達成できること、ですが、現在のビジネスの状態から逆算して、しっかりと実現可能なことを目標にします。

コンテンツマーケティングを実践する最大の理由は顧客獲得でしょう。
100件のクライアントを獲得する、のような目標です。

目標設定のポイントは現在の状態から逆算して、無理ではない、しかし、簡単ではないものを設定することです。
高い目標を設定することは大切ですが、決して、実現不可能なものを設定してはいけません。

この話はコンテンツマーケティングというよりも目標達成に関する話になりますので、詳細は割愛します。

興味のある方は、ぜひ、原田隆史氏の成功の教科書という書籍をご覧ください。

なぜ目標は高く設定しなければいけないか、

なぜ実現不可能なことを設定してはいけないかについて、丁寧に解説されています。

4の関連性が高いこと、ですが、もちろん、目標はあなたのビジネスのゴールに関連性が高いものでなければいけません。
前のビデオで解説したようなレッドブルが実践されているようなコンテンツマーケティングを思い出してみてください。
ただ面白いだけではなく、商品やサービスの購買に繋げることが必要なのです。

5の期限が決められていること、ですが、1年後のいついつまでにこれだけの売上を上げることを目標として、この目標を達成するために、半年先には、これだけの売上アップを実現します、といったふうに細かく期限を決めておく必要があります。

以上が目標設定のポイントです。

これだけのポイントを目標設定に落とし込むためには、やはり文書化しておく必要があるのはご理解頂けることでしょう。

以上ご説明したようなポイントを兼ね備えた明確な目標設定が出来ていれば、コンテンツマーケティングで失敗する可能性を大きく下げることが出来るだけでなく、コンテンツマーケティングをあなたのビジネスに大きく活かすことが出来ることでしょう。

より詳細な目標設定の手順につきましては、本講座で後ほど解説しますが、コンテンツマーケティングにおける失敗を避け成功に導くためのポイントについて簡単に解説いたしました。

次のビデオでは、マーケティングオートメーションツールについて解説いたします。
セクション1のコンテンツマーケティングの基礎の最後のレッスンとなります。

小池英樹

小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(36歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    2
    Shares
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •