エバーグリーンウェビナーマーケティング
速習講座開校のお知らせ!

エバーグリーンウェビナーマーケティング速習講座
エバーグリーンウェビナーマーケティング速習講座では、マーケティングを反復可能で自動化(オートパイロット化)されたシステムに変換するエバーグリーンウェビナーファネルを構築する方法について解説しています。ご紹介する方法を活用して、ぜひあなたのビジネスでエバーグリーンウェビナーマーケティングを実践してください。そして、自動化されたシステムで新規顧客を獲得してください。

ウェビナーには、販売効果を高めるための2つの特徴が挙げられます。

1.望む順序で見込み顧客に情報を提示することが出来る
2.出席者と連絡をとることが出来る

特徴1の「望む順序で見込み顧客に情報を提示することが出来る」についての解説です。
例えば、セールスレターでは、訪問者は商品の概要を知る前に、それらのコンテンツをスキップして、価格のみを知ることが可能です。
しかし、ウェビナーでは、あなたが望む順序で伝えたいことを見込み顧客に伝えることが出来ます。あなたの話をスキップして、先に価格のみを知る等と言ったことは出来ません。

特徴2の「出席者と連絡をとることが出来る」についての解説です。
出席者があなたに何か聞きたいことがあったとします。
その場合、ライブチャットやビデオチャットを活用して、ほんの数秒で出席者とつながることが出来ます。商品の購入を検討している見込み顧客の疑問を解決することで、スムーズに購買に導くことが可能になるのです。

ウェビナーを正しく活用すれば、見込み顧客からの信頼、好感、そして専門家としての権威をすぐに確立することが出来ます。

ここまでのご説明で、ウェビナーの有意性についてはご理解頂けたかと思います。

次に、話をエバーグリーンウェビナーファネルに戻します。

エバーグリーンウェビナーがライブウェビナーと違う点は、反復可能で自動化されたシステムであるということです。一度撮影したWEB動画を新しい見込み顧客に繰り返し見せるという点で、ライブウェビナーとは違うのです。

本講座では、エバーグリーンウェビナーファネルを構築するためのベストな方法をご紹介しています。

ぜひご紹介する方法を活用して、あなたのビジネスでエバーグリーンウェビナーファネルを構築してください。

小池英樹

小池英樹

上智大学卒業後、Rutubo[ルツボ]を設立。10年にわたりWEBサイトの制作・運営、マーケティングやコンサルティング等を行う。AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー]では培ってきたマーケティングのノウハウを伝えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 14
    Shares