コンテンツマーケティングの3つのメリット
【業界の権威になるコンテンツマーケティングの戦略】

コンテンツマーケティングのメリットを3つ解説しています。

コンテンツマーケティングの3つのメリット

前のビデオでは、なぜ、今、コンテンツマーケティングが必要とされているのか、その理由について解説しました。
本ビデオでは、コンテンツマーケティングのメリットについてご説明いたします。

大きく分けて、メリットは3つあります。一つずつ解説していきます。

メリット1.顧客生涯価値を高めることが出来る

コンテンツマーケティングによる集客はどんなビジネスでもどんな製品でも有効です。
コンバージョンファネル最適化の講座でも解説しましたが、顧客の購買プロセスに例外はありません。

その意味で、優れたコンテンツで顧客の購買意欲を育て、
リピート活動まで促すことが出来れば、顧客生涯価値を高めることが出来るのです。

メリット2.顧客獲得単価を下げることが出来る

先ほどのビデオでも解説しましたが、コンテンツマーケティングに多額の費用は必要ありません。
それよりもむしろ、顧客を惹きつけるアイデアやコンテンツ制作を継続する粘り強さなのです。

クラフト・ハインツ・カンパニーは世界第5位の食品メーカーですが、
この企業は料理のレシピをブログコンテンツとして情報を発信するというタイプのコンテンツマーケティングを実践することで、
同様の食品を販売している競合企業と比較して、4分の1の顧客獲得単価で見込み顧客を獲得することに成功されています。

クラフト・ハインツ・カンパニー:http://www.kraftheinzcompany.com/

レシピ:http://www.kraftrecipes.com/

メリット3.顧客のエンゲージメントを高めるのに有効

あなたは清涼飲料水のレッドブルを飲んだことがありますか?
飲むと元気が出ると有名ですね。

実は、この企業もコンテンツマーケティングで成功している良い例です。
一度レッドブルのホームページもご覧になられてください。

レッドブル:http://www.redbull.com/jp/ja

清涼飲料水を訴求するのではなく、
スポンサーになっているカーレースやスポーツに関する記事を見ることが出来ます。

何か元気になりたいときには、
レッドブルを飲もうと顧客に思わせてくれるような印象を与えます。

コンテンツマーケティングはこんなふうに顧客のエンゲージメントを高めるのにとても有効なのです。
以上が、コンテンツマーケティングの主なメリットになります。

次のビデオでは、逆にコンテンツマーケティングのデメリットについて解説いたします。

小池英樹

小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(36歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    1
    Share
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •