成約率の高いリードマグネット・オファーの例
【見込み顧客を磁石の様に集めるリードマグネットの作り方を解説】

成約率の高いリードマグネット・オファーの例を5つ紹介しています。本講座にて、リードマグネット・オファーの成約率を高めるトレーニングを積んでください。

成約率の高いリードマグネットオファーの例

前のビデオでは、集めたトラフィックを見込み顧客化するためのリードマグネットオファーを効果的に行うためには、「具体的に特定」することがポイントであることをお伝えしました。

ここでは、いくつか成約率の高いリードマグネット・オファーの例を挙げてみます。

例1.特定の約束をする

これは私の専門分野ですが、ネット集客のリードマグネット・オファーの例です。
例えば、「ネット集客の21日間トレーニング」というふうに訴求したらいかがでしょうか。

こちらで登録したくなりますでしょうか?
きっと、多くの方が登録したいとは思わないはずです。

なぜなら、決してユーザーの方々は21日間のトレーニングを受けたい訳ではないからです。
そうではなく、具体的に、ユーザーが抱えている問題を解決出来ることを示す必要があるのです。

なので、こちらは弊社の最先端ネット集客徹底ガイド無料ウェビナーの例ですが、例えば、世界最先端のネット集客スキルで毎月安定的に新しいお客様の集客を実現する画期的な方法を、9つのステップに分けて、ステップ・バイ・ステップで解説していきます。

のようにすると良いでしょう。

オプトインする代わりに、

世界最先端のネット集客スキルを学べること

毎月安定的に新しいお客様の集客を実現出来るようになること

広範囲にわたるネット集客を9つのステップに分けて、体系立てて学べること

以上3つのベネフィットをユーザーの方に提供することを分かりやすく説明します。

また、リードマグネット・オファーを考える際には、セクション2でも解説したペルソナを考えるようにしてください。
ペルソナを特定したら、ペルソナの抱えている問題を特定するのです。

こちらの例では、ペルソナをスモールビジネスオーナーと設定しています。
また、安定的に集客を実現することが出来ないという悩みを抱えていると設定しています。

そんなふうにペルソナやその抱えている問題を特定出来たら、次はネット集客のように特定の市場でオファーを作るのです。

例2.特定の例を挙げる

こちらは弊社のFacebook広告のオプトインの例になりますが、
わずか予算20万円で1,000人の集客に成功した広告運営ノウハウを公開します。
といったふうにオプトインのオファーに事例を挙げるのも説得力があって良いです。

さらに、Facebook広告に投資している企業50社以上が5年以上の歳月と1億5千万円以上の広告費を投資して実際に得られた効果実証済みのFacebook広告の運用ノウハウを無料ウェビナーにて公開します。
といったふうに広告運営に関するデータを挙げるのも良いです。

可能であれば、管理画面のデータも添付するなどして、言葉だけではなく、
現実の数値をユーザーに見せられるようだとなお良いです。

例3.特定の問題を解決するのに最適な方法を提案すること

こちらも同じ弊社のFacebook広告のオプトインの例になりますが、
ゼロから始めてたったの10分でFacebook広告を始めることが出来る特別動画講座を完全無料でプレゼントします。
といったふうに、Facebook広告の広告出稿の仕方が分からないユーザーの問題を解決する最適な方法を提案するのも良いオファーになります。

差し上げるのは、動画講座とは限りません。
PDF形式でも良いでしょう。

他にも、コピー&ペーストするだけで成果が出る21個の効果実証済みのFacebook広告テンプレートを差し上げます
といったふうに、成果の出る広告の作り方が分からないという問題を抱えているユーザー向けのオファーも効果的です。

例4.ユーザーが抱えている特定の質問に答える

例えば、就活サイトを運営していたとします。

この場合、自身の適職に悩んでいる就職活動中のユーザーをターゲットにすることが出来ます。

リードマグネットオファーでは、職業に関わるいくつかのクイズに答えもらうことで、
ユーザーに合った職業を答えることが出来るようにすると良いです。

そして、最終的には、オプトインしてもらうのです。

例5.特定の値引きをすること

こちらはオンライン学習サイトのUdemyの例です。

新年キャンペーンとして、1月10日にお申し込み頂ければ、
95%OFFでコースを受講頂けるといった魅力的なオファーを出されています。

他にも、例えば、新規登録特典として、最初の買い物は20%OFFの割引を適応します。
といった割引のオファーも効果的です。

ショッピングサイトの運営や複数のデジタルコンテンツを販売している場合には、
このタイプのリードマグネット・オファーを有効利用出来るでしょう。

以上、本ビデオでは、リードマグネット・オファーの成約率を高めるトレーニングをしました。
いずれの例も、具体的に特定することが大切でした。

次のビデオでは、さらにオファーのバリエーションをいくつかに分けて解説していきます。
リードマグネット・オファーを作る際には、その中から、選ぶようにして頂ければと思います。

小池英樹

小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(36歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    1
    Share
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •