SEOキーワードマーケティング速習講座

SEOキーワードマーケティング速習講座

The SEO keyword marketing speed learning course

どの検索キーワードでSEO対策をするのかを考えることはとても重要です。なぜなら、SEOキーワードの選定が間違っていたら、仮に検索結果で上位表示できたとしても、WEBサイトに購買意欲の高いユーザーからのトラフィックを集めることができないからです。本講座では、売上拡大につながる最適なSEOキーワードの選定法について解説しています。

本講座では、売上拡大につながる

について解説しています。

本講座では、
売上拡大につながる

の選定法について
解説しています。

どの検索キーワードでSEO対策をするのかを考えることはとても重要です。

なぜなら、SEOキーワードの選定が間違っていたら、仮に検索結果で上位表示できたとしても、WEBサイトに購買意欲の高いユーザーからのトラフィックを集めることができないからです。

そのため、SEOキーワードの選定は重要なSEO対策の施策といえます。

本講座では、最短でSEOキーワードを選定するための をご紹介しています。

本講座では、最短でSEO
キーワードを選定するための

ご紹介しています。

ステップは次のとおりです。

ステップ1:SEOキーワードリストを作成する
ステップ2:競争条件の低いSEOキーワードを見つける
ステップ3:検索ボリュームを評価する
ステップ4:収益可能性を評価する
ステップ5:オーガニック検索におけるクリック率を推定する
ステップ6:トレンドキーワードをSEOキーワードとして選定する

ステップのいくつかをご紹介します。

SEOキーワード選定のステップ1:

SEOキーワード選定の
ステップ1:

を作成する

SEO対策で成功するためには、適切なキーワードを選定する必要があります。

そのための最初のステップがキーワードリストを作成することです。
最初は、競合性やクリック率や成約率などについて考える必要はありません。

キーワードリストに多数のキーワードを登録することが重要です。
登録したキーワードから最適なキーワードを選定するのはステップ2以降で行います。

本講座では、次の様な方法でSEOキーワードリストの作成の仕方について解説しています。

検索意図と検索背景からキーワードを考える方法
・キーワードプランナーからキーワードを選ぶ方法
・Ubersuggest[ウーバーサジェスト]をはじめとしたその他ツールからキーワードを選ぶ方法

例えば、UbersuggestはSEOの専門家として有名なnailpatel[ニールパテル]氏が開発しているSEOツールです。日本語に対応していて、登録せずとも利用可能な便利なツールです。Googleのキーワードプランナーと機能は似ています。

SEOキーワードマーケティング速習講座

Ubersuggestを活用すれば、簡単にSEOキーワードリストを作成することができます。

SEOキーワード選定のステップ2:

SEOキーワード選定の
ステップ2:

SEOキーワードを見つける

具体的には、次の様な方法で競争力の低いキーワードを特定します。

・Search Difficulty(SEO対策の難易度を示す数値)が低いキーワードを選定する
・スモールキーワード(ロングテールキーワード)を選定する

SEOキーワードの分類方法の一つとしてユーザーからの人気度で分類するというものがあります。

1.ビッグキーワード(Fat Head)
2.ミドルキーワード(Chunky Middle)
3.スモールキーワード(Long Tail)

以上の3つに分類されます。

ユーザーからの人気度とキーワードの関係を関数にして表したものが、検索需要関数(The Search Demand Curve)です。

SEOキーワードマーケティング速習講座

特にスモールキーワードは、英語では、Long Tail(長い尻尾)とも呼ばれます。スモールキーワードは、ユーザーからの検索回数が少なく、検索結果件数も少ないキーワードです。

その一方で、競争率も最も低く、比較的上位表示されやすいキーワードです。

スモールキーワードの例としては、「ダイエット 無料 お試し」、「営業 転職 大阪」などのキーワードが該当します。
3語以上の複合キーワードで構成されることが多くなります。

なお、全検索数のうち、70%がスモールキーワードによるものです。また、一つのスモールキーワードが月間に検索される回数は、1,000回未満です。

スモールキーワードを複数検索上位に上げる施策をロングテールSEOと呼びます。

元々、ロングテールという概念は、オンラインDVDレンタルショップのネットフリックスや、Amazon.comなどの特定のビジネスモデルを説明するために、アメリカの『Wired』誌の記事で同紙編集長であるクリス・アンダーソン氏(Chris Anderson)によって提唱されたものです。

WEBを活用したビジネスは、実店舗のビジネスとは違い、在庫の経費が少なくて済みますので、人気商品ばかりを取り扱わなくても販売機会の少ない商品を幅広く取りそろえることで、対象となる顧客の総数を増やすことができ、結果として、ビジネス全体としての売上を大きくできるといった理論です。

このロングテールの理論をSEOに応用すれば、競争率の高いビッグキーワードを検索上位に上げなくても、競争率の低いスモールキーワードを複数上位表示させれることに成功すれば、効率的に購買意欲の高いユーザーからのトラフィックを集めることができるということなのです。

本講座では、特にサイトを立ち上げて間もない場合や競争力の低いキーワードに集中したい場合に、ロングテールSEOの施策をおすすめしています。

SEOキーワード選定のステップ4:

SEOキーワード
選定のステップ4:

SEO対策において、選定したキーワードを検索結果の上位に表示させることは重要な施策です。
検索結果の上位に表示させることができなければ、クリック以前の前に存在を知ってもらうことすらできません。

しかし、検索上位に上げる施策同様にそのキーワードがあなたに利益をもたらすものになっていることも同様に重要なポイントです。

せっかく時間と労力を投資して、選定したキーワードを検索上位に上げても、収益につながらなければ意味がありません。

キーワードが収益につながるものかどうかを評価するための視点は次の2つです。

・視点1.CPC(Cost Per Click:クリック単価)
・視点2.Product-Keyword Fit(キーワードと販売する商品もしくはサービスの関連性の高さ)

例えば、視点2の「Product-Keyword Fit」はキーワードと販売する商品もしくはサービスの関連性の高さを意味します。

キーワードは販売する商品もしくはサービスと関連性が高いほど、検索者からの成約率は高くなります。

例えば、オートパイロットアカデミーの場合、Facebookメッセンジャー広告に関する講座を販売していますので、「Facebookメッセンジャー広告 講座」といったキーワードでランディングページを検索上位に上げることで、利益につながる可能性が高くなります。

SEOキーワードマーケティング速習講座

ランディングページでは、この条件に基づいてSEOに最適化されたコンテンツを作成します。

SEOキーワードマーケティング速習講座

以上の様な視点で収益可能性の高いキーワードを選定します。

SEOキーワードを選定するステップの抜粋は以上です。

GoogleのSERPで表示される情報の種類や形式は改善されていくことが予測されます。

GoogleのSERPで表示される情報の種類や形式は改善されていくことが予測されます。

SERPとは、Search Engine Result Pageの略で、ユーザーが検索エンジンでキーワードを検索した際に、検索結果で表示されるページのことを指して言います。

初期のGoogleの検索エンジンにおけるSERPは、キーワードに関連するオーガニック検索の検索結果のみが表示されていました。2002年にGoogleがGoogle Adwordsのサービスの提供を開始し、SERPに広告が表示されるようになってから、様々なコンテンツ形式の検索結果が表示されるようになりました。

現在では動画、画像、ニュース、ショッピング、地図、地域情報、学術論文などのコンテンツが表示されています。

SEO対策といえば、以前は、ユーザーの検索意図に合うコンテンツを含むWEBページのタイトルとディスクリプション(説明文)を設定することが重要でしたが、最近では、的確な画像や動画を表示させることまで対応する必要性が生じています。

というのも、画像や動画などの視覚的な情報を表示させることで、ユーザーの注意を引き、クリック率を高めることができるからです。逆にそうした情報を的確に設定されることができなければ、競合にクリックを奪われてしまうようになりました。

選定するキーワードによって、SERPで表示されるコンテンツの形式は大きく異なりますので、SEOキーワードを選定する際には、SERPに注意を払うことも重要です。

Googleは、「ユーザーの質問に対して的確な答えを返すこと、その検索体験をより良くすること」を追求しています。
そのため、今後もSERPで表示される情報の種類や形式は改善されていくことが予測されます。

画像や動画、レビュー、商品情報などの視覚的な情報はリッチスニペットと呼ばれるものを設定することで可能です。
リッチスニペットを適切に設定するためにも、本講座でSERPの基礎を学習してください。

以上のように、本講座では、売上拡大につながる最適なSEOキーワードの選定法について解説しています。

ぜひご紹介する方法を活用して、あなたのビジネスでSEOキーワードマーケティングを実践してください。

あなたは最短で売上拡大につながるSEOキーワードを選定することが出来るようになります。

売上拡大につながる最適な
SEOキーワードを選定しませんか?

SEOキーワードマーケティング
速習講座の
です

17本の動画講座をご受講頂ければ、売上拡大につながる
最適なSEOキーワードを選定することができるようになります。

売上拡大につながる最適な
SEOキーワードを選定しませんか?

の講座です

本講座の対象者です。

売上拡大につながる最適な
SEOキーワードを選定しませんか?

講座は でご受講頂けます

本講座は、オンラインのトレーニングプログラムです。

初心者の方にも分かりやすく解説しています

本講座は場所と時間を問わずにオンラインで学習できます。
今すぐ講座に申し込む >>

場所と時間を問わず学べる

受講生向けのオンライン学習システムをご用意しています。インターネット環境とPCやスマートフォンさえあれば、好きな場所と時間で学習することができます。

スマートフォンやタブレットで学べる

講座は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレット端末でも受講可能です。

初心者の方にも 解説しています

あなたがマーケティングの専門家でなくても内容がよく理解できるように解説しています。

初級者から上級者まで納得の内容

本講座はマーケティングの中級者から上級者向けに設計されています。ただし、初級者の方でも内容を理解し、実際のビジネスで実践してもらえるように基礎的な内容から丁寧に解説しています。

短い動画で気軽に学習を進められる

1つの動画講座は3分から10分程度内です。空いた時間を利用して学習を始めることができます。

分かりやすい解説で深く理解できる

動画講座の形式は講師の顔出しとプレゼンテーション資料による解説に加え、オリジナルのイラストでの解説やPCでの画面操作による解説で構成されています。難しいことも分かりやすく解説されていますので、途中でつまづくこともありません。

初心者の方にも分かりやすく解説しています
マーケティングの初級者から上級者まで納得の内容になっています。今すぐ講座に申し込む >>

講師から個別に をもらえます

Eメールかチャットにて講師へのご質問も承っています。
講義を受講していて分からないことがありましたら、個別にフィードバックをもらうことができます。

講師から個別にフィードバックをもらえます
講師からフィードバックをもらうことで、講義の内容をより深く理解することができます。今すぐ講座に申し込む >>

講師に質問をする

ご質問は受講生用のシステムから承っています。
Eメールかチャットであなたからのご質問にお答えします。

講義の内容をより深く理解する

オンラインによる動画講座と合わせて、講師からフィードバックをもらうことで、講義の内容についてより深く理解をすることができます。

講義の内容を実践する

あなたのビジネスにおきかえて、講義の内容を実践し、その結果について講師からフィードバックをもらうことで、事業の成長にお役立て頂けます。

講座に今すぐ ください

17本の動画講座をご受講頂ければ、売上拡大につながる
最適なSEOキーワードを選定することができるようになります。

SEOキーワードマーケティング速習講座

The SEO keyword marketing speed learning course
¥ 29,800
税込み
  • SEOキーワードマーケティング速習講座
  • ユーザーの購買プロセスと検索プロセスの関連性について
  • 人気度で分類した3種類の検索キーワード
  • ロングテールSEOのすすめ
  • カスタマーアバターの作成法
  • 検索意図と検索背景からキーワードを考える方法
  • キーワードプランナーからキーワードを選ぶ方法
  • その他ツールからキーワードを選ぶ方法
  • 購買プロセスごとにキーワードを選ぶ方法
  • SEOキーワードマーケティング最新戦略(2019年8月更新)
  • SERP(サープ)についての基礎知識
  • ステップ1:SEOキーワードリストを作成する
  • ステップ2:競争条件の低いSEOキーワードを見つける
  • ステップ3:検索ボリュームを評価する
  • ステップ4:収益可能性を評価する
  • ステップ5:オーガニック検索におけるクリック率を推定する
  • ステップ6:トレンドキーワードをSEOキーワードとして選定する
  • 17本(約55分)の動画講座
  • 講師へのEメールかチャットでの質問(12か月間)

売上拡大につながる最適な
SEOキーワードを選定しませんか?

本講座を担当する講師からの です

専門家から実践的なノウハウを学ぶことができます。

本講座の です

実際の講義と同じ形式の動画です。
ぜひご覧ください。

とその回答

本講座に多く寄せられる質問とその回答です。

本ページの申し込みボタンをクリックして、お申し込み頂けます。
お支払いはVisaやMasterCardなどのクレジットカードを使用して行うことができます。

オンライン決済が完了すると、自動的に領収書が発行されます。
また、受講生専用の会員システムにログインできるEメールが送られます。

本講座の受講料は1回払いのお支払いで29,800円です。

17本の動画講座をご覧頂ける他、講師へのEメールやチャットでの質問も承っています。(講座の視聴期限と講師への質問の期限はお申し込みから12か月以内

本講座につきましては、返金は承っておりません。そのため、特に受講に必要な環境につきましては、講座のお申し込み前に必ずご確認ください。

また、お申し込み後に講座やサービスが利用可能な状態にないことが判明した場合でも、一旦納入された受講料は、一切返金いたしませんのでご了承ください。

受講生専用のオンライン学習システムにログインして頂いて、講座をご受講頂きます。

動画講座は24時間いつでもご覧頂けます。

講座の参加期限はお申し込みから12か月間です。

なお、講師へのEメールやチャットでの質問は、講座へのお申し込み後、12か月以内になさってください。

本講座で学べる知識やスキルは、マーケティングの仕事に携わる人であれば、誰もが必須となるものです。具体的には、次のような方々が対象者です。

・企業経営者
・起業家
・マーケティングの専門家
・広告代理店に勤める人
・企業のマーケティング担当者
・起業したい人
・マーケティングの分野で働きたい学生

受講に際し必要な資格や前提知識などは特にありません。
学習意欲の高い方からのお申し込みをお待ちしています。

動画講座の形式は講師の顔出しとプレゼンテーション資料による解説に加え、オリジナルのイラストでの解説やPCでの画面操作による解説で構成されています。

難しいことも分かりやすく解説するよう工夫されていますので、途中でつまづくこともありません。

講座の動画は本講座の紹介動画と同じ形式で作成されています。
ぜひご覧ください。

マーケティングの中級から上級程度のレベルです。

ただし、初心者の方にも分かりやすいように、基本的な用語の説明などから丁寧に講義を行っています。難しくて講義に付いていけないということはありませんので、どうぞご安心ください。

Eメールかチャットで講師が個別の質問にお答えします。

質問は受講生用のシステムから承っています。

また、ご質問がある場合は、講座お申し込み後の12か月以内に質問をなさってください。

講座に今すぐ ください

17本の動画講座をご受講頂ければ、売上拡大につながる
最適なSEOキーワードを選定することができるようになります。

SEOキーワードマーケティング速習講座

The SEO keyword marketing speed learning course
¥ 29,800
税込み
  • SEOキーワードマーケティング速習講座
  • ユーザーの購買プロセスと検索プロセスの関連性について
  • 人気度で分類した3種類の検索キーワード
  • ロングテールSEOのすすめ
  • カスタマーアバターの作成法
  • 検索意図と検索背景からキーワードを考える方法
  • キーワードプランナーからキーワードを選ぶ方法
  • その他ツールからキーワードを選ぶ方法
  • 購買プロセスごとにキーワードを選ぶ方法
  • SEOキーワードマーケティング最新戦略(2019年8月更新)
  • SERP(サープ)についての基礎知識
  • ステップ1:SEOキーワードリストを作成する
  • ステップ2:競争条件の低いSEOキーワードを見つける
  • ステップ3:検索ボリュームを評価する
  • ステップ4:収益可能性を評価する
  • ステップ5:オーガニック検索におけるクリック率を推定する
  • ステップ6:トレンドキーワードをSEOキーワードとして選定する
  • 17本(約55分)の動画講座
  • 講師へのEメールかチャットでの質問(12か月間)

売上拡大につながる最適な
SEOキーワードを選定しませんか?