FOMOマーケティング速習講座
FOMOは他人が経験しているけれども自分は見逃していて経験していないのではないかという不安の心理です。本講座では、人々のそうした「失いたくない」という心理を引き起こし、販売を成功させるための実証済みのFOMOマーケティングの設計法について解説しています。

FOMOは、他人が経験しているけれども自分は見逃していて経験していないのではないかという不安の心理です。

その心理は、「他の人がしていることと継続的に関係を保ちたい」という願望によって特徴付けられます。そして、この心理は経験を獲得するために、人を今すぐ行動に駆り立てます。何かがめったにない、または獲得できない場合は、もっと欲しいと思う心理が働くのです。

人間の行動は、それが最後のものであること、または特別な取引がもうすぐ期限切れになることを知らされている場合、何かを購入する傾向があるということです。重要なのは、何かを見逃してしまうと人々に本当に信じてもらえた場合、それを受け取るためにより迅速に行動するよう促すことが出来るということです。

本講座では、人々のそうした「失いたくない」という心理を引き起こし、販売を成功させるための実証済みのFOMOマーケティングの設計法について解説しています。

ぜひご紹介する方法を活用して、あなたのビジネスでFomoマーケティングを実践してください。

あなたはFomoマーケティングを実践することで、消費者の心理にFOMOを引き起こすことが出来るようになり、次々と消費者を購買活動に駆り立てることが出来るようになります。

小池英樹

小池英樹

上智大学卒業後、Rutubo[ルツボ]を設立。10年にわたりWEBサイトの制作・運営、マーケティングやコンサルティング等を行う。AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー]では培ってきたマーケティングのノウハウを伝えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です