リードマグネット・オファーの成約率を高めるポイントその2
【見込み顧客を磁石の様に集めるリードマグネットの作り方を解説】

リードマグネット・オファーの成約率を高めるポイントその2は「ユーザーを惹きつけるフックを作る」ことです。フックはユーザーの注目を集め、引き込むためのコンセプトです。本講座では、魅力的なフックを作るための方法について解説しています。

リードマグネット・オファーの成約率を高めるポイントその2

本ビデオでは、リードマグネット・オファーの成約率を高めるポイントについて、まだお伝え出来ていなかったことをご説明します。

インターネットが当たり前になった現代では、オファーが洪水のように流れています。

苦労して作ったあなたのオファーがその他大勢のオファーに埋もれてしまわないように、これからご説明するポイントをしっかりと抑えてオファーを作るようにしてください。

リードマグネット・オファーの成約率を高めるポイントその2

ユーザーを惹きつけるフックを作る

フックという言葉は聞きなれないかもしれませんが、
ユーザーの注目を集め、引き込むためのコンセプトのことです。

マーケティングでよく使われる言葉ですから、覚えてください。

先程もご説明しましたが、その他大勢のオファーに埋もれないためには、
ユーザーを惹きつけるフックが必要不可欠になります。

フックを見つけるにはどうすれば良いのかと思われた方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、フックを見つけるのに有効な質問3つほどをご紹介します。

質問1.もし、ターゲットユーザーを1分間で惹きつけるためには、彼らに何を見せて、何を言えば良いのか?

質問2.ターゲットユーザーに製品の優れた点を説明するには、どのような話をする必要があるのか?どのような例を見せる必要があるのか?

質問3.他の何でもなくたった一つのことをターゲットユーザーに知ってほしいとしたら、それは一体何だろうか?

これらの質問を自身に投げかけてみてください。

そうして、リードマグネット・オファーを複数作ってみて、一番しっくりきたものが、あなたがターゲットユーザーに提案するべきリードマグネット・オファーになります。

以上ここまでのビデオでご説明したポイントを踏まえてリードマグネット・オファーを作成すれば、成約率の高いオファーになることは間違いないでしょう。

次のビデオでは、オプトインページ作成の16点のポイントをご紹介します。

セクション3の最初のビデオでもご説明した通り、見込み顧客を集めるためには、オプトインページを用意する必要がありますが、オプトインページの出来次第で成約率は大きく変わりますので、成約率の高いオプトインページの作り方についてご理解頂きたいと思います。

大切なことですからもう一度お伝えしますが、
見込み顧客を集める際には、

オプトインして頂く御礼に、特定の市場に存在するニーズに応える

ことがポイントになるのです。

逆に、単純にニュースレターにご登録ください。とか、無料トライアルにお申し込みください。
といったオファーは、見込み顧客を獲得する方法としては、良いものではないとご理解ください。

このオファーは、価値提供が漫然としていて登録フォームからのオプトインの成約率が低いだけではなく、集まる見込み顧客のニーズもしっかりしていないので、その後のセールスが上手くいきません。

本ビデオでは、見込み顧客を集める方法のポイントについて解説しました。
次のビデオでは、訴求力の高いリードマグネット・オファーの例を挙げて理解を深めて頂きます。

小池英樹

小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(36歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    1
    Share
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •