2020年のデジタルマーケティングのトレンド

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

デジタルマーケティングの施策を成功させるためには、先見性が必要です。これは、デジタルマーケティングの世界において、次の大きなこと、革新的な進歩、今後12カ月間に必ず行われるであろうすべての傾向を認識することを意味します。

あなたがご自身のビジネスで正しいマーケティングの戦略を立案することができるように、2020年におけるデジタルマーケティングのトレンドをこの記事でご紹介します。

1.人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)を使わざるを得なくなります

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

2020年のデジタルマーケティングにおける最大のキーワードは、「人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)」です。人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)自体は、デジタルマーケティング全体におけるトレンドといえます。会計ソフトのfreeeは、そのキャッチコピーを「自動で経営を軽くする」としました。

人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)は、ルールを適応して、手動プロセスを機械が引き継ぐため、手作業が減り、多くの場合、より効果的な結果を得ることができます。特に中小企業は、見込み顧客(リード)の育成、広告入札の引き継ぎなどにおいて、人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)を活用することで、業務効率化およびに売上拡大に活かすことができるようになります。

人工知能(AI)の活用や、自動化(オートパイロット化)の実装は、経営資源(リソース)が限られている中小企業にとって、大きな変化の機会となる可能性があります。

2.WEB上のトラフィックの過半数が動画コンテンツに占有されます

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

現在、動画はすべてのWEB上のトラフィックの60%を占めており、その割合は、今後数年で増加すると予想されています。競争力を維持するために、動画は2020年のマーケティング戦略の不可欠な要素といえます。

動画マーケティング自体は新しいものではありませんが、動画コンテンツの消費とその有効性の高まりにより、2020年にはさらに注目に値するものになることでしょう。

以下は動画マーケティングに関して注目に値する統計データです。

・動画を活用することで、コンバージョンを最大80%増加させる可能性がある
参照:37 Staggering Video Marketing Statistics for 2018[2018年の動画マーケティングに関する37個の統計]

・13歳以上の米国の消費者の74%が少なくとも週に1回ストリーミングまたはオンライン動画を視聴し、41%が毎日視聴しています。
参照:A Day in the Life of Video Viewers[動画視聴者の一日]

もしあなたがデジタルマーケティングの施策において、動画を活用していない場合は、2020年が転機の時です。もし既に動画をマーケティングに活用しているのであれば、Eメール、ランディングページ、SNSなど、あらゆるチャネルにおいて、動画を追加できる領域がないかを探します。

Facebook LiveやInstagram Liveなどのライブビデオの活用も検討に値します。ライブ動画はそうでない動画よりも3倍長く視聴されると言われています。

3.検索の50%以上が音声検索で実行されるようになります

2020年におけるSEOや検索エンジンにおける最大のキーワードは、「音声検索」です。

ComScoreによると、2020年までに、すべての検索の50%以上が音声検索で実行されるようになると予測されています。

スマートスピーカーが普及し、ユーザーはローカルビジネスの検索、レシピの検索、ショッピング、To Doリストの作成などのタスクの処理を音声検索に頼るようになっています。

事業主やマーケティング担当者にとってそれは何を意味するでしょうか?2020年には、音声検索のコンテンツ最適化戦略を考える必要があるということです。

しかし、音声検索用にSEOを行おうにも、現時点では、あまり多くの解決策はありません。

Jetson™は、ボイスコマースでビジネスを成長させるのに役立つソリューションです。Jetson™を使用すれば、数分で音声優先のマーケットプレイスを作成し、AmazonのAlexa、Google Assistantなどをすでに使用している数百万人に簡単に販売を開始できます。

OC&C STRATEGY CONSULTANTSによると、「ボイスコマースの市場は、2022年までに米国で400億ドル、英国で50億ドルに達する」と予測されています。Jetson™のような音声アシスタントでの購入体験を促進させるツールは今後も普及していくと予測されます。

そのため、2020年には、ユーザーの音声検索に合わせて、SEOを最適化する施策を検討することが重要となります。

4.チャットボットが飛躍的に使われるようになり、会話型マーケティングが広く普及します

今日のデジタルマーケティングにおける最もホットな話題の一つがチャットボットであり、会話型マーケティングです。Gartnerによると、今後、2-5年の間にConversational Marketing[会話型マーケティング]がデジタルマーケティングにおける大きなトレンドになると予測されています。

2020年のデジタルマーケティングのトレンド
引用:digital marketing and advertising Hype Cycle
[デジタルマーケティングと広告のハイプサイクル]

INTERCOMDriftManyChatMobileMonkeyなどのソリューションは、今では当たり前に使われるようになっています。

これらのソリューションの多くは、主にFacebook Messengerと接続する仕様になっていますが、InstagramやWhatsAppなどの他のSNSと接続することができるようになっていくと予測されます。

マーケティングの専門家は、今後も会話型マーケティングの動向に注意を向けなければなりません。

5.これまで以上にコンテンツには品質が求められるようになります

Googleは2019年10月25日、BERT[バート]を検索エンジンに採用したと発表しました。BERTは「Bidirectional Encoder Representations from Transformers」の略で、最新の自然言語処理のモデルのことを指しています。

BERTを採用したことで、検索エンジンは文章における文脈を理解できるようになりました。そのため、マーケティング担当者は、今まで以上に、人間向けにコンテンツを作成する必要があります。

GoogleのWebmaster TrendsアナリストのMartin Splittは、注目すべき上位3つのSEO要因を共有しました。そのうちの一つが「目的に役立つコンテンツ」を作成することです。
参照:Google Shares Top 3 SEO Factors[Google、SEOの3大要素を共有]

6.位置情報がマーケティングに有効活用されます

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

訪問者の地理的位置に基づいて特定のマーケティングキャンペーンが展開されるようになります。OptinMonsterでは、Geo-Locationルールを使用することで、国から都市まで、特定の地域に物理的にいる訪問者をキャンペーンのターゲットにできます。

これを使用すれば、世界の特定の地域に活動する見込み顧客向けにプロモーションを実施することができます。また、見込み顧客が世界のどこにいるかに応じて、異なる言語、通貨、テキストでキャンペーンを展開することができます。

位置情報と自動化(オートパイロット化)を組み合わせたマーケティングが「ジオフェンシング」です。ジオフェンシングは、地理テクノロジーを使用して、モバイルデバイスが特定の場所(フェンス)に入った時に、キャンペーンを起動させます。これにより、例えば、見込み顧客が実店舗の半径1キロメート以内を通り過ぎたときに、企業はアプリ内プッシュ通知を送ることができます。

このマーケティング戦略を取り入れることで、近辺の見込み顧客の購買意欲を高め、企業に大きな利点を与えることができるようになります。ターゲットとなる見込み顧客の属性を絞り込むことができるという点でも、ジオフェンシングは有効活用できます。

7.より高い収益を生み出すのにABM(アカウントベースドマーケティング)が活用されるようになります

2020年のデジタルマーケティングのトレンド

ABM(アカウントベースドマーケティング)とは、明確に定義した見込み顧客にマーケティングやリソースを集中させることで、高いROIを実現させようとする施策です。見込み顧客の属性やニーズを踏まえてマーケティングメッセージを作成する点で、「ABM(アカウントベースドマーケティング)」と呼ばれています。

ABM(アカウントベースドマーケティング)を使用している企業は、そうでない企業と比較して、マーケティング活動の収益を208%増やしています。
参照:Flipping Funnels Weekly: Account-Based Marketing Isn’t The Death of Anything[アカウントベースのマーケティングは死んでない]

Eメールは大抵の企業がマーケティング活動で利用するものですが、年々、その開封率とクリック率が低下しています。これはEメールマーケティングが終わったことを意味するものではありませんが、メッセージが見込み顧客に届きにくくなっていることは現実問題といえます。

この課題を解決するのに役立つのがABM(アカウントベースドマーケティング)です。見込み顧客一人一人にあったメッセージを送ることで、より多くの見込み顧客を顧客に転換することができるのです。

ABM(アカウントベースドマーケティング)の好例がAmazonです。Amazonでは、「チェックした商品の関連商品」や「あなたのお買い物傾向から」など見込み顧客の購買属性に応じて、コンテンツを最適化しています。

広告費用をはじめ、マーケティング費用は年々増大する傾向にあるため、ABM(アカウントベースドマーケティング)が費用対効果の高いマーケティング施策を行うための鍵となります。2020年にはこの傾向が顕著に表れることでしょう。

結論

デジタルマーケティングの世界では、年々、ソリューションにかける費用は安く済むようになっています。

AutoPilotAcademyで使用しているCRM[顧客管理システム]のDripは、わずか月額$49です。

これにより、中小企業がより大きなブランドと競争することが容易になりました。

ただし、全ての新しいソリューションを取り入るのではなく、ビジネスと見込み顧客に適した解決策を選定する必要があります。

そのためには、本記事で解説したトレンドに注目することが重要です。

人工知能(AI)と自動化(オートパイロット化)は2020年の最優先事項です。

2020年のデジタルマーケティングの大きなトレンドを知り、あなたのビジネスでマーケティングを成功させてください。

小池英樹

小池英樹

AutoPilotAcademy[オートパイロットアカデミー] CEO 小池英樹 新潟市のマーケター(35歳)。新潟県新潟市生まれ、新潟市育ち、上智大学卒。 2011年にRutuboを設立、カネなし、コネなし、ノウハウなしの状況から独立。ヨドバシカメラで購入したホームページ作成ツール「Bind」を手元に事業開始。 顧客ゼロ・無収入の状態から販売促進を学び、中小企業300社以上のオンライン集客支援に携わる。顧客は日本全国及びに海外で活躍する日系企業に及ぶ。 顧客企業の集客支援も手掛ける傍ら、AutoPilotAcademyでは、培ってきた集客のノウハウを伝えている。 顧客獲得に苦心するスモールビジネスオーナーのためのオンライン集客のバイブルを作ることを目標としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  •  
    15
    Shares
  • 8
  •  
  •  
  •  
  • 7
  •